【靴磨き】初心者必見!革靴の手入れに必要な道具&やり方を徹底解説!

  • 革靴の手入れってどうやってやればいいの?
  • どんな道具が必要なのか分からない・・・
  • どのくらいの頻度で手入れをすればいい?

仕事をしていたり就活をしていると「靴はきちんと手入れをしておいた方がいいよ」とアドバイスを受けた事がある方も多いのではないでしょうか?

でも、「どんな方法で手入れを行えばいいのか?」とか「調べてみたら色々な道具があって訳が分からない」という意見をよく目にします。

靴を手入れしておいた方がいいのはなんとなく分かるけど、分からない事が多すぎてなかなか一歩を踏み出せないという方も多いと思います。

実際に自分も靴の手入れに興味を持った時に分からない事が多すぎて、自己流で手入れを行い失敗を繰り返してきました。

様々な失敗を繰り返す事で今は靴の手入れを順序立てて行う事ができるようになりました。

今回のブログでは「靴磨きの手順」について解説させて頂きます。

このブログをご覧いただければ以下の内容をご理解頂けます。

  • 靴磨きを行うタイミング
  • 靴磨きに必要な道具
  • 靴磨きの手順

靴磨きを定期的に行う事で靴が長持ちする、相手に与える印象が良くなるなどなど様々なメリットがあります。

動画を含めて紹介させて頂いておりますので是非、チャレンジしてみて下さい。

靴磨きを行うタイミング

カレンダー

靴磨きを行うタイミングは基本的に3回あると言われています。

  1. 購入直後・・・・・プレメンテナンス
  2. 履いた後・・・・・デイリーケア
  3. 定期的なケア・・・フルメンテナンス

プレメンテナンス

購入した直後の靴を手入れする事を「プレメンテナンス」と言います。

「プレメンテ」と紹介されている事もあります。

購入したばかりの靴は新品で綺麗だから何も手入れをする必要がないと思われるかもしれません。

しかし新品の靴には長期間メンテナンスが行われていない可能性が高く、手元に届いた時は栄養失調になっている事が考えられます。

その状態で履くと様々な靴トラブルに直結してしまう恐れがあるので最初に手入れを行います。

デイリーケア

デイリーケアとは靴を履き終えた後に行う簡易的な手入れの事です。

作業自体は馬毛ブラシでブラッシングをして消臭スプレーを吹きかける程度なので数分で終わる簡単なものですが、これを行っているかいないかで靴の持ちが大きく変わると言われています。

フルメンテナンス

3つ目がフルメンテナンスです。

このフルメンテナンスが皆様が想像されてる靴磨きだと思います。

靴クリームワックスなどを使用して汚れ落としから栄養補給、仕上げまでの全工程を行う手入れ方法になります。

トシ
トシ

このブログではフルメンテナンスについて紹介します。

このブログではフルメンテナンスについて紹介します[/chat]仕上げまで行うとおよそ1時間〜1時間半程度くらい時間が必要になります。

鏡面磨きというワックスを使用してつま先やかかとの部分を鏡のように仕上げるテクニックがあるのですがこの工程が一番時間がかかり、この工程を除けば20分程で作業が完了します。

靴のケア自体は「栄養補給」の段階で完了しています。

ワックスを使った工程は見た目の向上傷・水濡れ予防を目的とした手入れなので、慣れないうちは仕上げの工程を省略してもOKです。

つま先をピカピカにする作業まで行うと約1時間~1時間半程度。汚れ落としや栄養補給だけなら20分程度で作業が完了します。

靴磨きで使う道具

フルメンテナンスで使用する道具と簡単な役割を紹介します。

  1.  馬毛ブラシ    ⇒ 靴表面に付着した汚れを払い落とす
  2.  豚毛ブラシ    ⇒ 塗った靴クリームを靴に浸透させる
  3.  山羊毛ブラシ   ⇒ 艶を靴全体に広げる
  4.  靴クリーム    ⇒ 靴の栄養補給・補色
  5.  ワックス     ⇒ 靴を輝かせる
  6.  布        ⇒ 汚れ落としやクリームの拭き取り
  7.  水        ⇒ ワックスで磨く時に使用
  8.  クリーナー    ⇒ 古いクリームやワックスを落とす
  9.  ソールクリーム  ⇒ レザーソールの栄養補給

山羊毛ブラシソールクリームはなくても仕上げる事は可能です。

これから靴磨きを始めるに本当に最低限必要な道具とおススメの道具を紹介したブログも公開しておりますので併せてチェックしてみて下さい。

靴磨きの頻度

靴磨きってどのくらいの頻度でやればいいの?

靴磨きの頻度に関しては様々な意見がありますが、お持ちの靴が3足くらいまでなら一か月に1回手入れをする日を決めてケアをする方法がおすすめです。

この方法が一番管理しやすく、靴磨きを習慣化する事ができるのでおすすめです。

その他の管理方法や理由についてはこちらのブログで詳しく紹介しておりますので併せてご覧ください。

靴磨きの手順

フルメンテナンスの手順
  1. ソールの手入れ
  2. 馬毛ブラシでブラッシング
  3. クリーナーで汚れ落とし
  4. 靴クリームで栄養補給
  5. 豚毛ブラシでブラッシング
  6. 布で余分なクリームを拭き取る
  7. ワックスで鏡面に仕上げる
  8. 山羊毛ブラシでブラッシング
  9. 水研ぎ

③山羊毛ブラシ⑨ソールクリームはなくても仕上げる事は可能です。

手入れの前の下準備

シューキーパーを入れる

靴磨きを行う時にはシューキーパーを入れて手入れを行うようにしましょう。

シューキーパーを靴に入れてメンテナンスを行う事で履きジワ部分を伸ばす事ができるのでダメージが大きいシワの奥までクリームを浸透させる事ができるようになります。

シューキーパーは形や素材(木製・プラスチック製・スポンジ製など)によって金額が大きく変わっていきます。

それぞれのモデルによってメリットやデメリットがありますので用途によって使い分けるようにしましょう。

靴磨きで使うシューキーパーは足の形をした「足形シューキーパー」とバネの力で甲の部分をしっかり伸ばす「バネ式のシューキーパー」がおすすめです。

特にバネ式のシューキーパーは甲の部分をしっかり伸ばしてくれるので靴磨きの時にはこちらのタイプがおすすめです。

ダイソーで1つ150円で購入する事ができます。

靴紐を外す

シュータン(靴ベロ)部分の汚れも落とすので靴ひもは外してください。

ただし、靴の構造上『内羽根式の靴』は靴紐を全て外すと紐の先端部分で革を引っ搔いて傷をつけてしまう可能性があるので一番下の部分の紐は外さない様にしましょう。

内羽根式と外羽根式を比較した画像

『外羽根式の靴』は紐を通す部分が大きく開くので全ての紐を外しても大丈夫です。

① ソールの手入れ

まず最初にレザーソールの手入れを行います。

レザーソールの手入れはアッパーの手入れの前に行うようにしましょう。

レザーソールは砂やホコリが付着している可能性が高く、アッパーの手入れの後に行うとせっかく手入れした部分が汚れてしまいます。

見落としがちですがレザーソールも革なので定期的に栄養補給をしてあげなければ乾燥してしまいひび割れなどのトラブルに直結します。

レザーソール専用のクリームは滑りやすくなる成分は含まれておらず、防水効果もあるので濡れやすいソールに使うのに適しています。

トシ
トシ

ちなみにラバーソールの場合は手入れ不要

② 馬毛ブラシでブラッシング

まず最初に馬毛ブラシを使用して靴全体をブラッシングします。

馬毛ブラシは靴磨きの一番最初の工程で使う道具なので必ず1本用意しておいて下さい。

馬毛ブラシは非常に柔らかいブラシなので強めにブラッシングをしても靴を傷つける心配はありません。

音を立てて磨くくらいのイメージで大きくブラッシングを行いましょう。特にシュータンの付け根や靴底との間の縫い目部分など細かい部分はホコリが溜まりやすいので入念にブラッシングします。

片足15秒~30秒ほどブラッシングすれば十分です。

③ クリーナーで汚れ落とし

クリーナーの役割は前回塗った古いクリームやワックスを落とす事です。

クリーナーで落とさずに新しいクリームを塗り重ねても靴にクリームの成分が浸透しづらくなり効果を発揮する事ができません。

靴磨き職人の方も「クリーナーでの汚れ落としが大事」っていう人がたくさんいる位重要な作業なんだよ!

クリーナーによって固形のものや液状の物があったり、ワックスを落とすのに最適なクリーナーや水性の汚れに強いクリーナーなど様々なクリーナーが販売されています。

詳しくはこちらのブログで紹介しています。

④ 靴クリームで栄養補給

靴クリーム クレム1925の写真

靴クリームを使用する目的は2つあります。

  1. 革の栄養補給
  2. 補色

靴クリームは同系色のクリームを使用する事で「擦れ」「劣化」によって色が薄くなってしまった部分を補色して目立ちにくくする事ができます。

ニュートラル(無色)を購入しておけば様々な色の靴に使用できるので非常に便利です。補色する事も考えるなら靴に合った色の靴クリームを用意しましょう!

靴クリームを塗る時は少量ずつ取って靴に塗っていきます。1回に取るクリームの量はコーヒー豆1粒分くらいの量にします。

一度に大量に取ってしまうと塗りムラができてしまったり、余分にクリームをのせすぎてしまったりと後々のリカバリーが難しくなるので注意が必要です。

靴クリームを塗る時は「少量ずつ取って足りなくなったら追加する」という事を覚えておきましょう。

塗り込んでいく内に徐々に指の滑りが悪くなってきたら少量のクリームを追加していきます。

履きジワの部分はシワの向きに沿ってクリームを塗りましょう。向きを揃える事でシワの奥までクリームを浸透させる事ができます。

クリームを塗り込んでいくと蝋分で革の表面が白く曇ってくるので靴全体を蝋分の膜で覆う事ができれば靴クリームは完了です。

「靴クリームで指を汚したくない」という方はペネトレイトブラシを使うとクリームを触れずにメンテナンスを行えます。

created by Rinker
¥440 (2022/05/13 00:30:29時点 楽天市場調べ-詳細)

靴クリームに関しても、伸びの良さや艶の出やすさなどメーカーによって様々なクリームがあります。

自分に合ったクリームを探してみましょう。

⑤ 豚毛ブラシでブラッシング

靴クリームが塗り終わったら豚毛ブラシでブラッシングをしていきます。

豚毛ブラシは他のブラシと比べて非常にコシが強いのが特徴です。その特徴を活かして2つの事を目的にブラッシングを行います。

  1. 余分な靴クリームを落とし均等に塗り広げる
  2. 靴クリームを革に浸透させる

①余分な靴クリームを落とし均等に塗り広げる

先程塗ったクリームを豚毛ブラシでブラッシングする事で靴全体に均一に塗り広げます。指で少量ずつ塗っても多少のムラができてしまいます。

豚毛ブラシでブラッシングをする事で靴クリームを均等に広げつつ表面に残った余分なクリームを弾き飛ばす事ができます。

②靴クリームを革に浸透させる

クリームを押し込むように力強くブラッシングをしていきます。素早くブラッシングをすると摩擦熱でクリームが温められてより成分が靴に浸透しやすくなります。

トシ
トシ

ここでのブラッシングは力を入れて行いましょう!

一周ブラッシングが完了すればOKです。

使い込むうちに豚毛ブラシの毛先にクリーム残りブラッシングするだけで補色をしたり艶を簡単に出す事ができるようになります。

このように豚毛ブラシを使い込んでいくことを「ブラシを育てる」と表現します。

毛先についたクリームを拭き取ってしまいたくなると思いますが落とさずに使い続けましょう。

⑥ 布で余分なクリームを拭き取る

布を使用して靴表面に残った余分なクリームを乾拭きしていきます。

豚毛ブラシで余分なクリームを弾き落としましたがそれでも表面には落としきれなかったクリームが残っているので拭き取ります。

トシ
トシ

着なくなったTシャツなんかでも代用可能です!

使用する布に関しては柔らかい布(綿など)ならなんでも大丈夫です。

各メーカーから靴磨き専用クロスが販売されていますが違いはある程度感じられるものの高額なものが多いのであまりおすすめしません。

生地をメートル買いして自作する方法がおすすめです。

ここでも力を入れすぎに注意しましょう。

あまり強く拭くと先ほど塗ったクリームまで拭き取ってしまうので力は入れず表面を撫でるくらいの力加減で拭き取ります。

布の表面が汚れてきたらこまめに使用する面を交換しましょう。

汚れた面を使い続けるとせっかく拭き取った靴クリームを塗り広げる事になってしまいます。

表面のべた付きがなくなったら完了です。

冒頭でも紹介しましたが靴の栄養補給はここまでで完了しているので最低限ここまでの作業が完了していればケアとしてはOKです。

⑦ ワックスで鏡面に仕上げ

次にワックスで靴を磨いていきます。

ワックスで磨き続けていくと鏡のような光沢がでてきます。

このテクニックの事を「鏡面磨き」と呼び、靴磨きを行う方が目指す技術です。

鏡面磨きを行うメリットは3つあります。

  1.  見た目が良くなる
  2.  水から靴を守る
  3.  傷から靴を守る

靴磨きの中で最も技量が試される部分でもあり、磨きに要する時間も20分以上かかるので上級者向けのテクニックとされています。

しかし、鏡面磨きはいくつかのポイントを気をつければ誰にでも簡単にできるテクニックなので是非チャレンジしてみて下さい。

⑧ 山羊毛ブラシでブラッシング

次に山羊毛のブラシを使ってブラッシングをしていきます。

トシ
トシ

山羊毛ブラシは毛先が非常に柔らかい事が特徴のブラシです。

鏡面磨きをした部分をブラッシングしてもほとんど傷がつかないくらいの柔らかさで水と一緒に使って仕上げていきます。

山羊毛ブラシでブラッシング行う部分は鏡面部分の境目鏡面磨きを行っていない部分です。

ワックスがのっていない部分にワックスをのせるイメージで山羊毛ブラシでブラッシングをすると靴全体がうっすらと光沢に包まれて統一感のある仕上がりになります。

山羊毛ブラシについて以下のようなコメントを見かけます。

山羊毛ブラシでブラッシングをしたら逆に傷がついた・・・。

山羊毛ブラシを使っても全然ピカピカにならない!

山羊毛ブラシは豚毛ブラシ同様にある程度育ててからでないと真価を発揮しないブラシです。

使い込んでいないブラシだと毛先でワックスを拾ってしまうので逆に傷がついてしまう事も・・・。

また、山羊毛ブラシは「ブラッシングすると鏡面部分の透明感が増す」というものではなく「ワックスを全体に広げて靴全体をほんのり光らせる」為のブラシだと考えておきましょう!

⑨ 水研ぎ

最後の仕上げの工程の事を「水研ぎ」と言います。

「水研ぎ」とは、少量の水と布の綺麗な面を使用して磨く事でより透明感のある仕上がりに仕上げていく工程の事です。

鏡面部分のくもりが取れたら完了です。

まとめ

今回は靴磨きの基本的な手入れ方法を紹介させていただきました。

この手順をマスターすれば靴を綺麗にかつ長持ちさせる事ができるようになりますので是非チャレンジしてみて下さい!