靴磨きの道具

【革靴NG?】ミンクオイルが敬遠される3つの理由と正しい使い方を解説!

  • ミンクオイルは革靴に使わない方がいいの?
  • ミンクオイルを塗るとカビやすいって聞くけど本当?
  • 使える靴や使えない靴を教えてほしい!

ミンクオイルについて調べてみると「革靴の手入れには使わない方がいい」。こんな内容の投稿をよく目にします。

鞄やレザージャケット、サイフなどのレザーアイテムのメンテナンス商品として有名なミンクオイルなのに、なぜ革靴のメンテンナンスに関しては不向きと言われるのでしょうか?

その理由について徹底調査してきましたので紹介させて頂きたいと思います。

himablog

この投稿をご覧いただければ以下の内容が分かります。

  • ミンクオイルを使うべきではない3つの理由と対処法
  • 使用してもいい素材と使用を避ける素材
  • ミンクオイルの正しい使い方

ミンクオイルとは?

ミンクオイルは「ミンク」の皮下脂肪からつくられた動物性油の事です。「ミンク」とは北米に生息するイタチ科の動物の事です。

ミンクオイル 革靴 使い方 おすすめ

動物性油は同じ動物の革を使用して作られている革製品に馴染みやすく、古くからレザーアイテムのメンテナンスに使用されてきました。

ミンクオイルには以下の働きがあると言われています。

  • 革を柔らかくする
  • 傷を目立たなくさせる
  • 撥水効果

ミンクオイルは油分が多く、浸透力に優れたクリームです。

公式のHPでも「塗り込む事で革に柔軟性と滑らかさを与える」と紹介されています。また、天敵である水から革を保護する効果もあります。

ミンクオイルの成分

ミンクオイル 革靴 使い方 おすすめ

ミンクオイルの成分


  • ろう
  • 動物性油
  • 流動パラフィン

ミンクオイルは自然由来の素材から作られています

靴クリームの様に有機溶剤が含まれていないので革に優しいクリームと言えます。

ろう

革に光沢を与える成分です。ミンクオイルは光沢が出ないと紹介されていますが塗ってみるとじんわりと光沢が出ます。これはこのロウによる働きで、光沢を与える以外にも革の表面をコーティングして保護する役割があります。

動物性油

動物の体内に含まれる脂肪。革製品は使用していくと段々と油分が抜けていくので外部から補給する必要があります。革の柔らかさや滑らかさを保つ為に必須の成分。

流動パラフィン

流動パラフィンとはミネラルオイルの事。潤滑剤として精油、動物性油、ワックスなどと混ぜられます。名前だけで見ると革に害がありそうですが問題はありません。

ミンクオイルが敬遠される3つの理由

ミンクオイル 革靴 使い方 おすすめ

自然由来の成分で、革馴染みもいいミンクオイルですが「革靴の手入れに使うべきではない」という意見を見かけます。

理由をまとめてみました。

  • 型崩れしやすい
  • シミになりやすい
  • ベトベトする、汚れが付着してカビが生える

型崩れしやすい

ミンクオイルのメリットとして「革を柔らかくする」と紹介させて頂きましたが、デメリットとしても挙げられます。

適量を使用すれば「履き心地がよくなる」・「靴ズレを防いでくれる」といったメリットを感じられますが、意識をせずに塗り続けてしまうと革が柔らかくなり過ぎてしまい型崩れの原因になります。

以前、ドクターマーチンの手入れ方法をスタッフの方にお伺いした際に同じ理由で油分の多いクリームよりも水分量の多いデリケートクリームの使用を推奨していました

特に革靴はシルエットが重要視されるので敬遠されているのではないかと考えられます。

シミになりやすい

ミンクオイルは油分が多いクリームなので、水分を含む靴クリームと比較して成分が革に浸透するスピードが早いです。

定期的にケアをされている靴の場合はあまりありませんが、購入直後の靴や普段からあまり手入れされておらず油分が抜けきった靴に使用するとあっという間に成分が染み込んでシミに・・・

油性の靴クリームと同じだね!

普段は靴の手入れをされていない方がいきなり使うと靴トラブルの原因になる可能性があるのも理由の1つでしょう。

ベトベトする、汚れが付着しやすくカビが生える

ミンクオイルは油分が多いので靴クリームと比較するとべた付きが強く伸びが悪いです

なので塗り広げる時に均一に塗り広げにくい為、一度に大量のクリームを乗せてしまうと塗りムラが起きやすい印象。

塗った後に適切なケアをしないまま放置するとべた付の影響で汚れが付着しやすくなります。革の表面にはミンクオイルのお陰で栄養が豊富でカビが繁殖しやすい環境となり、結果カビが繁殖しやすくなります

こうやってみると扱いが難しいクリームだね

それぞれの対処方法は!?

ミンクオイル 革靴 使い方 おすすめ

ミンクオイルが敬遠される理由について3つの理由を紹介させていただきました。

次にそれぞれの対処方法を見ていきましょう!

型崩れしやすい

型崩れを防ぐ為におすすめの対処法は以下の2点です。

  • 使用頻度を半年~年に1回程度にする
  • シューキーパーを入れて保管

ミンクオイルを塗り込む頻度が多いと靴が柔らかくなり過ぎてくたびれてしまいます。なので、定期的なケアは水分量の多い乳化性のクリームなどで行い、半年~年に1回くらいのタイミングでミンクオイルを使うようにすれば革が柔らかくなりすぎる心配をする必要はないでしょう

また靴を履いていない時には「シューキーパー」を靴の中に入れて保管する様にしましょう。

靴を履いていない時が最も型崩れを起こしやすいので保管をする時にはシューキーパーを靴の中に入れて保管するようにしましょう。安いプラスチックタイプの物なら100均でも購入する事ができます

安い物でもシューキーパーがあるのと無いのでは大違いなので靴1足につき1つ揃える事をおすすめします。

シミになりやすい

シミになる原因は乾燥した革に油分が入る事で一気に浸透してしまいその部分だけ色ムラが出来てしまうのが原因です。なので、以下の手順を踏んで塗るようにします。

  1. デリケートクリームを先に塗る
  2. 踵やサイドの部分など目立たない所から塗る

デリケートクリームとは潤いの補給に特化した水分量の多いクリームの事です。

水分量の多いデリケートクリームを塗る事で先に潤いを補給しておきます。そうする事で油分が急激に浸透するのを防ぎシミをできにくくする事ができます。

また塗る時はつま先や履きジワ部分からミンクオイルを乗せるのではなく、正面から目立たない踵や土踏まずの部分など目立たない部分に塗ってシミが出来るかどうか確認しましょう。

ベトベトする、汚れが付着しやすくカビが生える

一番やってはいけない事が「塗ったらそのまま放置する事」です。

先ほども紹介した通り、ミンクオイルはべた付きやすく塗ったまま放置しておくと汚れが付着しやすくなり靴トラブルの原因になります。

ミンクオイルを塗った後は「乾いた布で乾拭き」ようにしましょう。乾拭きをする事で表面に残った余分なクリームを取り除けるのでカビの発生を抑える事ができます。

トシ
トシ
詳しい手入れの手順については後ほど解説します

使用してもいい素材と使用を避ける素材

ミンクオイル 革靴 使い方 おすすめ

ミンクオイルってどんな革にも使う事ができるの?

ミンクオイルは幅広いレザーアイテムに使用する事ができます。先程も紹介した通り同じ動物の革である本革を使用した物は浸透しやすく非常に相性がいいです

しかし、全ての革製品に使用する事はできません。使用できない素材についてはHPにて明記されています。

爬虫類等の特殊な革及びスエード・ヌバック等の起毛革には使用できません。

出典:コロンブス

起毛素材の革に使えない事は想定していましたが、クロコダイルやリザード(トカゲ)などの爬虫類の革を使用したエキゾチックレザーは全般として使用がNGなのは以外でした。

ミンクオイルの不要論!?その真相は?

ミンクオイルについて調べていると「靴のメンテナンスにミンクオイルは必要ない」との記事を度々目にしました。

トシ
トシ
元々、ミンクオイルはアウトドアシューズデッキシューズの手入れに適したクリームだと言われていました。

アウトドアシューズは過酷な環境で使用するので傷や水濡れ、乾燥から靴を守ってくれるミンクオイルは必須のアイテムでした。デッキシューズに関しても船上での使用を前提にしている為、撥水効果の高いミンクオイルが最適でした。

しかし、日本でアウトドアシューズを履く場合はその様な過酷な環境で使用する事は殆どありません。

高温多湿の気候も影響し、油分の多いミンクオイルはカビの原因になってしまうデメリットの方が目立ってしまいました。

じゃあ使わない方がいいって事?

トシ
トシ
使っても問題ありませんが、街中で履く靴だけの靴に使うにはオーバースペックだという事ですね

ミンクオイルを使う事がダメだという訳ではありませんが、何も考えずに同じ方法で手入れをしてしまうとメリットよりもデメリットの方が目立ってしまいます。

靴を柔らかくしてくたくたに育てたい!」、「油分を多めに補給したい!」という明確な目的がない限り、普段の手入れは靴クリームで充分だと言えます

靴クリームにも油分が多いクリームがあるのでそうした物を使えばOKです。詳しくはこちらのブログで紹介しています。

靴クリーム大全!油性・乳化性・デリケートクリームの使い方と塗り方を徹底解説!今回のブログでは靴クリームの使い方や油性・乳化性の違い、おすすめの商品について紹介させていただきます。 是非、最後までお付き合いく...

ミンクオイルを使った手入れ方法

次にミンクオイルを使って実際に手入れを行いましょう。使用する道具は以下の通りです。

ミンクオイル 革靴 使い方 おすすめ
  • 馬毛ブラシ
  • クリーナー
  • ミンクオイル
  • 布(ネル)

① 馬毛ブラシでブラッシング

靴表面の汚れ(塵・ホコリ)をブラッシングでしっかり落とします。

ここでしっかり汚れを払い落としておかないと後々ミンクオイルを塗った時にカビの原因になってしまします。特にアッパー(靴の表面)とソール(靴底)の間の縫い目部分は汚れが溜まっている可能性が高いので入念にブラッシングを行います。

② クリーナーで汚れ落とし

クリーナーで前回の手入れで塗ったワックスや靴クリームなどを落としていきます。

前のワックスなどを落とさずに塗り込むとミンクオイルの浸透の妨げになってしまうのでしっかりと落とします。汚れが落ち切らない場合は固形のクリーナーなどを併用すると落としやすくなります。

>> 【靴磨き】クリーナーの使い方を徹底解説!固形と液体の使い分けとは?

③ ミンクオイルを塗る

次にミンクオイルを塗ります。コロンブスの公式サイトでも塗り方を紹介されていますので併せてご覧ください。

ミンクオイルを塗る方法を3つ紹介します。

  • 布に付けて塗る
  • 指で塗る
  • ペネトレイトブラシ

おすすめは「指で塗る」方法です。指で塗ると指先の体温でミンクオイルを温めながら塗り込む事ができ成分の浸透を助ける事ができます。

また、指先で塗った方がクリームの残量や塗り終わった場所など指の滑り具合など感覚で把握できます。

ペネトレイトブラシや布で塗ると指を汚さずに塗り広げる事ができます。

トシ
トシ
どれが正解という事はないので自分がやりやすい方法で塗りましょう!

ここでの注意点が「一度に大量のミンクオイルを取らない事」。塗りムラの原因になってしまうのでスマホをスクロールするくらいの強さで表面を撫でて、指先に付いた量で充分です

ミンクオイル 革靴 使い方 おすすめ

塗る時は円を描く様に塗り込んでいきます。こうする事でムラなく塗り広げる事ができます。

トシ
トシ
全体に塗り広げたら完成です

ミンクオイルが浸透するのを待つ!

塗り終わった後に重要なのが「ミンクオイルが浸透するのを待つ」事です。

塗ってから時間を置く事でミンクオイルの成分をしっかりと革の奥まで浸透させる事ができます。塗り終わってからすぐに布で拭き取ろうとすると表面にべた付きが残っていて拭き取りにくいです。

靴の表面を指で触れてみてべた付かなくなるまで待ちましょう。

待ち時間に関して「30分」「一晩置く」など様々な意見がありますが触れてみてべた付きがなければOKです。

トシ
トシ
塗った量や環境によっても変わりますが自分の場合は半日ほど置きました

塗った直後はミンクオイルのの油分によって鈍く光っていますが、時間が経過すると共に徐々にマットな表情に変わります。

ミンクオイル 革靴 使い方 おすすめ

④ 乾拭き

全体のべた付きがなくなったら最後に余分なクリームを拭き取る為に乾拭きを行います。

ミンクオイル 革靴 使い方 おすすめ

全体を満遍なく拭き終われば完了です。

乾拭きまで終わった靴と手入れを行っていない靴を比較してみましょう。

ミンクオイル 革靴 使い方 おすすめ

写真奥が手入れを行っていない方の靴で、手前の靴がミンクオイルを塗った靴です。

ミンクオイルを塗った直後は油分が乗っていたので光沢がありましたが、拭き取ってみると見た目に関して大きな違いは感じられませんでした

トシ
トシ
ロウが含まれているのですが、特に塗った方がじんわり光るという感じもありません。これが自然な仕上がりと表現される理由なのかもしれないですね

薄い色の靴なら色が濃くなったり変化を感じられるのかもしれませんが、黒だと特に違いは分かりませんでした。

指で触れてみると若干ですがオイルを塗った方が柔らかさがあってもちもちとした印象。クリームの効果を感じられます

自分はこの手順の後にワックスを使った鏡面仕上げまで行っています。

普段の手順にはこちらのブログで紹介しております。(靴クリームを塗る前の工程で代わりにミンクオイルを使用しています。)

【靴磨き】初心者必見!革靴の手入れに必要な道具&やり方を徹底解説! 革靴の手入れってどうやってやればいいの?どんな道具が必要なのか分からない・・・どのくらいの頻度で手入れをすればいい? 仕事を...

今までこの工程で手入れを行っていますが、カビが発生した事は一度もありません。

カビが発生しやすいと言われているミンクオイルですが、きちんと手順を守ればカビの心配は不要です。

ミンクオイルのQ&A

ミンクオイル 革靴 使い方 おすすめ

ミンクオイルは手入れで必須の道具?

無くても全く問題はないです。

ミンクオイルとデリケートクリームの違いは?

ミンクオイルは動物性油がメインです。デリケートクリームは水分量が多いクリームで乾燥した革に塗っても油より水分の方が浸透するスピードが遅いのでシミになりにくく、塗り広げやすいです。

また、デリケートクリームはミンクオイルでは使用をできなかったエキゾチックレザーにも使用する事ができます。

ミンクオイルをつけ過ぎた時は?

余分なクリームを布で拭き取ります。それでも取り切れない場合はクリーナーを使って落とします。

傷が消えるって本当?

実際に傷が目立つレザーウォレットでビフォーアフターを比較してみました。

ミンクオイル 革靴 使い方 おすすめ

ご覧いただいてお分かりの通り、自分が試してみたところ傷は消えませんでした。

しかし、油分の補給によって全体的に色が濃くなり傷の部分が目立ちにくくなった印象はあります。

靴の内側に塗っても大丈夫?

自分も塗った事があります。足が当たる部分が柔らかくなって非常に満足しています。

普段はデリケートクリームを塗るのですが、比べてみるとミンクオイルを塗った時の方が革が柔らかくなる効果が長く続きました。

一方で、ミンクオイルは塗った後に時間を置いて拭き取る必要があります。デリケートクリームは塗るだけでOKなので手軽さを考えるとデリケートクリームの方がおすすめです。

レザーソール(革底)に塗っても大丈夫?

自分も塗った事がありますが特に問題はありませんでした。

ただし、ソールが柔らかくなるのでレザースティックなどを使って全体に圧をかけて傷が付きにくくなるように工夫する必要があります。

ミンクオイルは3種類

今回紹介してきたコロンブスのミンクオイルですが、クリームタイプの他に・・・

  • リキッドタイプ
  • スプレータイプ

の計3種類が展開されています。

リキッドタイプ

リキッドタイプはキャップを外すと先端部分にスポンジがついており、液体クリームを全体に塗り広げます。

手を汚さずにクリームタイプの物よりも塗りやすいのが特徴です。

スプレータイプ

一度に広範囲に噴射できるので、レザーのソファーやジャケットなど大きい物に吹きかける時におすすめです。

革靴の場合は、広範囲に振りかける必要はないので購入するならクリームタイプかリキッドタイプがおすすめです。

まとめ

ミンクオイルのまとめ
  1. ミンクオイルは使い方を理解せずに使うと靴トラブルを起こしやすい
  2. 無理して購入しなくてもOK!靴クリームで充分!
  3. クリームタイプかリキッドタイプがおすすめ